今日の朝、ある記事を英語から日本語に翻訳していたら、1つの単語ごとに意味を調べていかないと日本語としておかしくなることがありました。翻訳機で翻訳してみたら違う文節で自動翻訳されることがよくあるので、結果として不自然な日本語になっています。ですので、翻訳機に頼るときは、文節のかたまりごとに利用したほうが精度が少し良くなることがわかりました。しかし、単語と熟語を一つずつ調べていったほうがより確実で、単語の意味の意外性や、この時にこの単語を使うことが分かったりと勉強になります。翻訳機の精度は徐々に上がってはきていると言われていますが、やはり人が訳した翻訳の方がアレンジが利いたり、意訳が出来たりと自然な仕上がりが期待できると思います。英和翻訳の面白みは、英語と日本語の概念が全然違うので、日本語になかなかうまく出来ない外来語などは文面から判断して、自然な意味での日本語に出来た時は達成感が有ります。また、翻訳された文章を読み返した時に、なんとなく不自然に感じた時に再び翻訳して自然な日本語に訂正できるとやりがいを感じますね。このようにして、自分なりの翻訳の仕方を身につけていけることを目標にしたいと思います。

勉強するにはスタディサプリのTEPPAN英単語が便利かと思います。