学生のうちに英検を2級まで取って置いたので、今度は準1級やTOEICを受けて見たいなと思っています。準1級がその3年ほど前に不合格Bを取って以来、検定や試験には行っていませんので、また行ってみたいなと感じます。

英語に限らず、外国語(第二言語)を習得するには、その言葉しか通じない話し相手が何かと必要になります。もともと割と塞いでいる方でもあり、居るには居るけれど普通の日常生活で忙しい外国人の知り合いに単なる英語学習だけでは会いに行けず、性格面での共通点もかなり少ないので、もっぱら自宅で音読をする事が多いです。

単独や参考書での勉強方法。これで話せるのかというと、意外と話せるもので、例えばアルバイトでチケットのもぎりをしていて外国人が現れた時、とっさの一言が通じます。

高校の頃に数学の授業を取っていましたが、その塾がまた入塾テストがあるような類の場所で、何かと他科目の情報も入ってきます。それで次のコマが英語だった時うかがったのが、現地に正社員で働きに行くのが一番速く確実に英語を上達させる方法なんだとのことで、留学だと’日本人区域に引きこもって他の日本人とチャット’をしてしまう子供さんがいらっしゃるそうで、やはり確実に成し遂げるためには、”日本での資格技能を基盤に英語をプラスする”一年中生活してしまうべきなようです。

こう考えると日本国内で英語をマスターするのは難しいようにも見えますが、この頃は様々なイベントが増えている中核にオリンピックも開催されるうえ、そもそも外国の方が何かと職業や移住に日本へいらしているみたいです。日本にいらっしゃる道程で大抵の外国人の方は英語に関わった生活をされていますし、”日本語”を必要とされている方もいらっしゃるので、「英会話」という観点から考えるとデジタルネイティブのそれと同様に、英語を習得しやすい環境が整い始めていると思います。その最先端を走るのはオンライン英会話です。大量にある教室の中でも選りすぐりを選定したのが下記のサイトになります。

>>オンライン英会話の目的別ランキングサイトはこちら