英単語に単語の本や単語帳を作って覚えるのは王道のようだけれど私は少しそれが苦手です。あの厚紙でできた単語帳がかさばるのが意外と不便。書き文字を小さくしたり小さい単語帳を選んで見たけど文字を書くので体力を使って長期間で考えると個人的には忘れている事があります。

かといって単語帳は売ってない店が多くて文房具でも値段が高いなぁと思うので、今度はルーズリーフに書いてみると、単語帳自体の作成時間は速くなる。ただ、欲が出てA5サイズの縦半分にビッシリ書き込んでしまって、翌日は取り出さないで存在感が薄れるという事がままありました。これは自由時間の少なかった、中学生の頃です。

一昨年の夏頃に丁字路で、たまに見かけるようなちょっとした古本屋があり、その時期に知った”デュオ”というのの2.0が300円で売っていたので、ちょっと買って見ました。これは黙読か音読に使っています。これを読んだ後に旺文社のダイアログ1200や1800を読むと、これがなかなかに単語を覚えやすい。

ダイアログや長文読解は、やはりいきなり読むと全体を把握しきれない時があります。あらかじめ膨大量の単語を覚えるのはとても大変そうですが、やっぱりアレコレと試しながら単語を覚えるのが英語を話すには近道だなぁと思います。